ホップスモール 名産品市場

  • 阪急交通社
  • 阪急阪神東宝グループ

ホップスモールは阪急交通社グループの通販サイトです

おすすめ情報配信中!ホップスメールマガジン登録はこちら 

山形県 老舗 登起波 米沢牛

創業明治27年 米沢市で最も古い「米沢牛専門店」

確かな品質と味にこだわり、「米沢に登起波あり」との好評をいただき、先祖代々変わらぬ美味しさを守り続けています。
すき焼き、しゃぶしゃぶ、カルビ、ステーキなど最高品質の牛肉をご用意しております。
当店で取り扱う牛肉は、100%米沢牛です。
古き良き時代から変わらぬ味わいをぜひご賞味下さい。

登起波の歴史

米沢牛は江戸時代後期に寄額をすすんで取り入れた、米沢藩のおかかえ医者が滋養源として用いておりさらに遡れば上杉鷹山公が刊行した「かてもの」の中で、肉類の保存についての記述があることからもこの地で長い歴史があります。
明治8年、藩校興譲館に「御雇外国教師」として招かれていたチャールズ・ヘンリー・ダラス氏が米沢を去るにあたり、友人への土産をかねて横浜に米沢牛一頭を持ち帰りふるまったところ、その美味しさに一同感動し知名度が高まりました。

明治27年10月、登起波牛肉店が初代の尾崎庄吉により、米沢市あら町に開店致しました。
当時は秋から北側倉庫の雪むろに冬の間に集めて踏み固めた雪がなくなる6月頃までが牛肉の販売期間だったと伝え聞いております。

現在、米沢市の牛肉店の中では最も古くから営業している牛肉店として確かな品質と味にこだわり「米沢に登起波あり」との評価を頂いており代々変わらぬおいしさを守り続けております。

米沢牛 美味しさの秘密

米沢牛の味は、よくこんな風に言われます。
「とろけるような柔らかさ」
「口の中で、甘みとまろやかさがじわっと広がる」
「牛肉本来の風味がある」
「牛肉の香りがする」
米沢牛の特徴は何といってもきめ細かい霜降りと脂の良さです。
この良質な米沢牛を育ててくれるのが米沢盆地の自然の恵みと飼育農家に秘密があるのです。
米沢は山形県の米沢盆地に位置しており1日の寒暖差、夏と冬の寒暖差が激しい盆地特有の気候です。
この寒暖が短い期間で交互に繰り返されれば細かな差サシ(霜降り)が入り肉質の良い脂にしてくれるのです。

米沢牛は、時に幻の牛などと言われることがあります。 実際に出回る供給量が少ないにも関わらず、米沢牛を知るお客様からの需要が途切れないからだと思います。 幻の牛『米沢牛』と称されることは嬉しくもありますが、多くのお客様に「美味しい!」と食していただけることが、当店の願いです。