【名産品市場】旅のプロが全国各地の名産品をご紹介

ホップスモール 名産品市場

旅のプロが全国各地の名産品をご紹介

名産品市場

  • 阪急交通社
  • 阪急阪神東宝グループ

ホップスモールは阪急交通社グループの通販サイトです

【第1回】山梨物産展

山梨県の農業生産法人直送の野菜・たまごセット(おまかせ)のご案内

「農薬や化学肥料を使わない野菜を食べさせたい」
「健康な鶏が産むたまごを食べさせたい」

事業を始めた時、小学5年生男児の父親であった私の、偽らざる思いでした。当時、4年間、農業生産法人の労務者として日々泥まみれで作業をする中で、山梨県北杜市周辺には、こんな思いを共有できる生産者が数多くいることを知りました。また、その昔、東京で暮らしていた経験から、都会にも共感してくれる人たちが数多くいらっしゃることも実感していました。南アルプスや八ヶ岳のおかげで、必要不可欠な水や土はミネラル豊富で生産に最適です。さらには、環境と生産方法の違いは味の違いとしても表れます。とにかくおいしいのです。召し上がってみてください。必ずや、味の違いを感じて頂けます。素晴らしい野菜や平飼いたまごを丁寧に作っている人たちがここにはいます。それを都会に暮らす皆様に伝えたいと思いました。安心・安全でおいしい食材を食卓に届けたい。農家と都会に暮らす皆様を繋ぐお手伝いをしたい。そんな思いでこの事業を始めました。

萬屋醸造店

萬屋醸造店の始まりは1790年(寛政2年)の230年余りに遡ります。 1790年(寛政2年)初代 萬屋八五郎が現在の地に酒蔵を開き「一力正宗」の酒銘が誕生しました。萬屋の「萬」は「万」と表すため、「万」を分解した二文字「一」と「力」に由来します。酒蔵誕生には富士川町(旧増穂村、旧鰍沢村)の歴史・文化が深く関わっています。
富士川町はその昔、静岡と甲州(現山梨県)を結ぶ富士川舟運の要衝の地として栄えました。今から400年前、徳川家康の命を受けた角倉 了以(すみのくら りょうい)により、富士川流域の鰍沢(現富士川町)から駿府の岩淵までが開削され開通しました。
駿信往還と駿州往還の交わる地点に位置していた富士川町は、山梨県の玄関口・流通の拠点として大きく発展しました。当時の主な積荷は「下げ米、上げ塩」と呼ばれ、下り荷は甲州や信州からの幕府への年貢米、上がり荷は塩などの海産物が中心でした。船は人や物を運び、鰍沢には全国から集められた物品・文化・風習が次々と流れ込み、経済・文化の表玄関として栄えました。周辺の農村部ではその影響を受け、養蚕、桑栽培が発展しました。このように富士川舟運の発展を背景に、当社だけでなく多くの酒蔵がその周辺で酒造を始めました。

酒蔵直送
地酒春鶯囀 『玉栄』純米吟醸・純米酒720mlセット

酒の銘柄が創業時は一力政宗でしたが、6代目当主が春鶯囀(しゅんのうてん)と改め現在に至っております。地元富士川産の酒米玉栄(たまさかえ) 100%て醸した純米吟醸と純米酒のセット です。ほのかな甘みと酸味が程よい純米吟 醸酒とキレのある辛口の純米酒を是非飲み 比べてください。

就労支援事業所かしのみNeo

就労支援事業所かしのみでは、障害を持った方々が、地域で生活していく支援を行うことが重要だと考えています。下請け中心だった作業も、2013年にドライフルーツ製造のかしのみラボを開所し、2014年にコンポート、飲めるゼリー製造のかしのみNeoを開所しました。
「かしのみ」ではほぼ全てのドライフルーツやクラッシュゼリーで画像のような山梨県産のフルーツを利用しています。フルーツ王国山梨の厳選された果物で作った無添加ドライフルーツやクラッシュゼリーをご賞味頂けると幸いです。

黒富士農場

20年以上昔の話ですが、当時見学に来た小学生だった女の子がゲージ鶏舎を見て「鶏さんかわいそう…」そう社長に言った事がきっかけで放牧での飼育が始まりました。それからは鶏舎の中でも、放牧場でも、鶏が幸せに暮らす為にはどうすればよいのか追求し実践してきました。美味しい天然の湧き水を飲んでのびのびと走り回り、外部ストレスのない生活を送れる環境が作れてきました。現在でもより良い卵作りの為に新たな挑戦を続けています。そんなたまごで作られたスウィーツのセットです。
アイスクリームは黒富士牧場の有機卵と山梨県内の有機ジャージー牛乳を山梨県内の有機加工所で、口あたりの良い濃厚なアイスクリームに仕上げました。